エストロゲンの分泌で女性らしさをアップ|女性にとって大切な成分

花

女性らしさはホルモンから

カーテン

女らしさを作る成分

よく知られていることですが、女性らしさを作る成分として体内で非常に重要な働きをしているのが女性ホルモンです。女性ホルモンは妊娠・出産といった女性特有の身体機能に関する重要な役割を果たすとともに、お肌のみずみずしさを保ったりバストの形を整えたりするなど女性らしい体つきの形成にも関わっています。女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類がありますが、特に重要だと言われているのが前者の卵胞ホルモンです。卵胞ホルモンは別名をエストロゲンといい、単に女性ホルモンと言った場合このエストロゲンのみを指すこともあります。エストロゲンは加齢に伴って分泌量が減少していくことが分かっています。そのため、最近ではいつまでも女性らしさを保ちたいと願う人々の間でエストロゲンを配合したサプリなどが人気を呼んでいます。

なるべく減らさない工夫を

エストロゲンは女性の卵巣で生成され、髪や肌のうるおいを保ったり、バストを豊かにしたりする働きをしています。もちろん最も重要な役目は女性の体調を整える働きです。更年期障害は、閉経後にエストロゲンの分泌量が大幅に減少することで起こります。年齢とともにエストロゲンの分泌量が減っていくことは誰にも避けられない事実ですが、工夫次第ではその程度を抑え、女性らしさを長く保つことができます。1つは生活習慣の見直しです。睡眠不足や無理なダイエットはエストロゲンの減少を早めます。心身両面にあまり負担をかけないことが大切です。もう1つは外部からの補給です。イソフラボンなどの栄養成分はエストロゲンの生成を促します。食事やサプリメントなどでこうした成分を積極的に摂取するようにします。