エストロゲンの分泌で女性らしさをアップ|女性にとって大切な成分

花

更年期障害の緩和には

植物

女性ホルモンが減少すると

女性は排卵と月経を約40年繰り返します。人により月経周期の長さはさまざまですが閉経が近くなると周期が乱れがちになります。この年代では顔のほてりやだるさ、イライラや憂鬱など心身に困った変調が起きます。更年期障害という症状です。更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンが減少することが原因です。エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ女性機能を発達させ精神を整える働きがあります。年齢が上がるにつれ機能が低下した卵巣からは分泌が滞ります。そのために自律神経が混乱を起こしさまざまな不調が現れるのです。若い人でもストレスや不規則な生活や過剰なダイエットなどで女性ホルモンのバランスが崩れることがあります。そのため若くても更年期障害と同じような症状に陥る人がいます。

食べ物やサプリで増やす

更年期の不調を緩和するにはエストロゲンを増やす工夫が必要です。食べ物の中では大豆に含まれるイソフラボンという成分が有効です。イソフラボンは植物性エストロゲンで女性ホルモンとよく似た働きをします。大豆を原料とした納豆や豆腐などの食品を多く摂るのはよいことです。毎日大豆製品を摂らない人は健康食品やサプリでイソフラボンを摂取出来ます。他にポリフェノールも女性ホルモンに似た働きをします。これは更年期障害以外に美容にも効果が高い成分です。女性ホルモンの生成をサポートするプラセンタやたんぱく質とビタミンが豊富なローヤルゼリーも有効です。これらの効果をよく引き出すために生活にも工夫が大切です。ストレスを溜めないことや軽い運動を取り入れて健康的に過ごすことで更年期の不調は緩和に向かいます。